ブラジリアンワックスのデメリット

ブラジリアンワックス練習法

Google

ブラジリアンワックスはカミソリを使わないワックスの脱毛ではありますが、やはり皮膚疾患を伴う場合もあります。

ブラジリアンワックスのデメリット

ブラジリアンワックスでビキニラインの脱毛をすれば、どんな水着であっても素敵に着こなすことができるのですが、やはり肌に直接施術をすることですので、ブラジリアンワックスをする前にきちんとブラジリアンワックスのことを知っておかなくてはなりません。

ブラジリアンワックスはカミソリを使わないワックスの脱毛ではありますが、やはり皮膚疾患を伴う場合もあります。

施術個所が赤くなる、毛穴が赤くなる、施術個所が熱をもったり腫れたりするなどという症状です。

もちろんその日の体のコンディションによっても異なります。

体調がベストでない時にすることで、内出血や肌荒れを起こしやすくなる可能性は高くなります。

特に陰部の部分はホルモンのバランス等も関係していて、生理前後は特に注意が必要です。

体調によってもトラブルが起きる起きないの差がありますので、きちんと指導をしてくれる病院を選びましょう。

記事RANKING

MENU